プロフィール
 

Author:立崎 誠一
FC2ブログへようこそ!

 
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
 
 
月別アーカイブ
カテゴリ
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

 
2013/04/15(Mon) Category : 未分類

荒木元市長 地主の婦人(79歳)
を襲い「強制立ち退きの蛮行」!
 
 「区画整理」地内に居住するT婦人(79歳)と娘さんは地
権者(敷地313坪)である。その住宅に居住する79歳のT
婦人と娘さんは、事業に全面的に協力し、自宅の転居の
準備や解体にも着手し、全面的に協力していたのである。
 しかし、年齢から体調が優れず、通院し寝込んでいたの
で、体調回復まで待って欲しいと伝えていた。ところがその
寝こみを荒木元市長は襲ったのである。
 そもそも「強制執行」をする場合は、道路計画等で、土地
所有者に立ち退き交渉をするが、地価の吊り上げを目論
み、何年もごね得をしている場合に、やむなく強制的に執
行する場合はあるが、今日ほとんど強権発動はしていない。
 当該事件は、平成23年1月31日荒木元市長が権力を
濫用し、そのT婦人と娘さんの住む住宅を狼の様に襲い、
強制執行(権力で住宅を解体する行為)を強行した。
「強制立ち退きの蛮行」予告なし!抜き打ち!
 平成23年1月31日 早朝、屈強な男のガードマンや作
業員など百人を動員し、電動ノコギリでドアを打ち破り、土
足で寝室に踏み込み、病で寝ていた婦人と娘さんをたたき
起こし、窓を取り外し、2階から家具類を放り出し、2人を自
宅から叩き出したのである。
 この強制執行は、荒木元市長が退職する3ヶ月前に行っ
た驚くべき蛮行であり、不動産市政の第2ラウンドの始まり
であった。
Tさん親子気丈に生きている!
 この様に婦人に対して凶悪な虐待の狙いは、「区画整理
事業」地内の10万坪、約200人の地権者の測量もせず、
地権者に不満がつのっている。その不満を抑えるため、最
も弱い立場の婦人を襲い「ぐずぐず言うとああなるぞ」と、
見せしめの為に行なったものである。
 荒木元市長や三代川敏男理事長は、婦人が発狂しよう
と自殺しようと、お構い無しの蛮行を振るった。
 しかしTさん親子は土地を奪われ虐待に耐えて、今、気
丈に生き抜いている。
強制執行に反対した市議は6名のみ
市長・市議24名は蛮行に賛成した!
 この様に残酷で、非道な仕打ちに対して宮本市長は、
「婦人が悪い、強制執行は当然だ」と居直りの答弁をして
いるが、実に恐るべき発言である。
立崎は病に伏し、しかも弱い立場の女性を守るのが、市
民を代表する市議会議員の本分であるとして、「強制執行
を糾弾する陳情に賛成すべきだ」と議会で訴えたが、賛成
者は平川博文、木村静子、谷岡隆、市川寿子、宮内一夫
立崎誠一の6名の市議のみで、他の24名は反対(強制執
行に賛成)したのである。市長と26名の市議は、病人や
弱い立場のお年寄りを足蹴にして、平然としているが、こ
れが習志野市長や、市議の正体である。
強制執行に全国から
1,026件の怒りの陳情!
 なお、「強制執行」に対する怒りの陳情は、昨年3月市議
会より全国(インターネットを見て)から毎議会寄せられ、今
年3月市議会までの1年間に、実に1、026件の陳情件数
に達した。如何に荒木元市長の蛮行が、怒りとなって糾弾
されているか、宮本市長、及び24名の市議は恥を知るべ
きである。
 なお、「強制執行」に反対した6名の市議以外は、1,026
件陳情にことごとく反対をした。
 (なお、請願及び陳情は一件につき一回の陳情で終わる
事が全部と言っても過言では無い。しかしこの度の強制執
行は余りにも残酷な行為として、全国から陳情が後をたた
ず、昨年の3月議会から毎議会殺到しており、1026件に
達しているが、今後も続くものと思われる。
「強制執行」に賛成した24名の
市議会議員の氏名
★ 元気な習志野をつくる会
帯包文雄、清水大輔、田中真太郎、長田弘一
関桂次
★ 公明党
小川利枝子、清水晴一、真船和子、木村孝浩
布施孝一
★ 真政会
宮本弘之、斉藤賢治、荒木和幸、佐々木秀一
★ 環境みらい
央重則、市角雄幸、相原和幸、中山恭順
★ みんなの党
市瀬健治、高橋剛弘、佐野正人
★ 習志野クラブ
杉山和春、木村孝
★ ならしの市民の会
伊藤寛

土地価格の低いフジタに落札!
 事実吉野元市長の時代に、現在の文化ホールのある敷
地(旧第一中学校跡地)の計画案を業者に出させ、フジタの
案が最良として、開発業者をフジタに決定した。当該土地
の価格は、A業者は55億円を提示た。フジタは32億円の
低価格だったが、フジタが落札したのである。つまり入札
をする前からフジタに決めてあり、入札は単なるセレモニー
に過ぎない。いわば出来レースである。したがって、旧一
中跡地をフジタに対し23億円も安い価格で、利益提供をし
たのである。今、また同じ手口で癒着業者に、莫大な利益
を提供するというわけだ。
JR津田沼駅前超一等地の
市有地の売却を目論む!
 宮本市長の不動産市政は、実籾5丁目の400坪と、文
化ホール裏にある旧なかよし幼稚園跡地(以下「園・跡地」
と言う)2千3百坪の売却を決定している。
「園・跡地」はJR津田沼駅前の超一等地である。JR津田
沼駅の1日の乗降客は20万人以上で、首都東京駅に30
分で行ける県下屈指のターミナル駅である。
 現在周辺では、約10万坪の「区画整理事業」が行なわ
れており、16mの都市計画道路も計画されている。言わ
ば開発途上にあり、当該区画整理が完了後は、確実に地
価は上昇する。しかも建物の容積率は600%であり、40
階以上の建物が建てられ、マンション業者にとって、最高
の場所である。この時期に宮本市長は目的も無く、何故貴
重な超一等地の売却を急ぐのか。

裏で業者と結託 表は公募方式!
 市が依頼した不動産鑑定士の鑑定価格は総額37億円
(坪約150万円)であり、市長はその前後で売却を目論ん
でいる。しかし業者は、実際はもっと高いと話す。
 この手法は、1中跡地(文化ホールのある全敷地)を売却
した時、吉野元市長は55億円を提示した業者を排除し、
フジタが提示した開発計画が良いとして、32億円で売却し
た。何と23億円も安く売却したのである。この使い古され
た手法を、今回も用いようとしている。「園・跡地」は貴重な
市有地である。したがって、売却はどうしても中止させる必
要がある。(なお、宮本市長は5月に売却を決定して










スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment5  |  Trackback0
 
 

宮本市長、「白旗揚げる!」パチンコ店の言うまま

 
2013/04/11(Thu) Category : 未分類
宮本市長 パチンコ店出店前に
             「白旗上げる」風俗営業条例を廃止!
 
  屋敷4丁目の旧工場跡地(6,226坪)に大型パチンコ店が進出する。市の条例では、実籾高校から店の敷地200m以内は禁止している。だが、国の法律は100mである。したがって、国の法律が優先するとして、県の公安委員会は認可すると思われる。
 宮本市長は、市の条例に効力がないとして、この3月議会で条例を廃止した。私は「市の条例に抵触するのだから市長は、県公安委員会に対し、①、市条例に抵触するから認可を待つように働きかけるべきだ。②、裁判所に出店中止の仮処分申請を行なうべきだ。③、その間業者と交渉し通学路の安全対策。交通の安全対策(駐車場785台)のカーブミラーの設置等、業者に対し強力に交渉すべきである。したがって「条例の廃止をやめ、中止せよ」と迫ったが、賛成多数で可決した。立崎は「市長は屋敷の地元から出ているが、地元の方々の立場にたっていない。パチンコ店の認可も下りていない時に、早々に条例を廃止した事は、ギャンブルに屈したとしか言いようがない。戦いもせず『白旗をあげる』(ギブアップ)
とは何事か!」と叱責したが・・。
 荒木元市長は、市民の猛烈な反対を無視して、ボートピア(ギャンブル場)の誘致をしたが、それに宮本市長はもろ手を上げて賛成している。歴史は繰り返されるのか・・。  
今後マルハンとの運動
一、県公安委員会との交渉。一、建設不許可の仮処分申請(裁判所)一、交通安全の為のガードマンの配置。
カーブミラーの増設。その他。
    市議会議員  立 崎  誠 一478-4471
                       電 話  047-478-4471少し大きい文字
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

暴力団追放条例賛成討論をしました。

 
2011/10/18(Tue) Category : 未分類
暴力団追放条例賛成討論 
 当該条例は警察庁のトップが、制度化に向けて、現在全国の地方自治体において、取り組まれている暴力追放の一大キャンペーンであります。
 暴力団による、 暴力、脅迫、詐欺、横領等の暴力行為は、市民生活を おびやかす 許し難い、犯罪であります。
 
したがって、この度、警察と国民が、暴力追放のキャンペーンを実施する事は、画期的な事であり、市議会の皆さんの、賛同を求めるものであります。

 しかし一方において、今日まで、警察と暴力団の癒着も数知れずあり、この癒着関係を断ち切らなければ、国民は、安心、安全な生活を送る事は、できないのであります。

 たとえば、千葉県警察本部の本部長をしていた、上田正文本部長は、平成11年から1年間、千葉県の警察本部長を務め、その後、中部管区警察局長に栄転し、飛ぶ鳥も落とす勢いであった平成13年に、突然、逮捕されるという、ショッキングな事件があったのであります。
 
 事件は、覚せい剤取締法違反で、逮捕されていた、暴力団員が、裁判中に「上田正文が平成7年に富山警察本部長をしていた時期にさかのぼり、覚せい剤の密売における供述の中で、「実は、当時の富山警察本部長をしていた、上田正文に手引きを、してもらい麻薬密売を行なう事ができた」と供述したために、上田正文は現職の中部管区警察局長の地位のまま、逮捕されたのであります。
 
 警察組織は、上田正文が犯罪者とは知らずに、富山警察本部長から、千葉県警察本部長に栄転させ、平成11年から、1年間千葉県の警察本部長を勤めていたというわけです。
 
 なぜ、私がこのことを取り上げるのか、その理由は、この上田本部長の時期に、習志野市の荒木市長の土地疑惑事件の真っ只中にあり、不動産業者が、証人喚問に応じた後に、市役所及び、不動産業者の自宅の、家宅捜査が行われた時期であります。

 しかし、警察本部長が、犯罪者であるからして、習志野市の土地疑惑事件を、まともに、解決できるわけがないというわけです。

 結局、市役所の家宅捜査は、警察の茶番であり、課長が逮捕さて、トカゲ、のしっぽ切りで、終ったのであります。
 
 習志野市は、荒木市長になってから、今日まで警察のO、Bが、嘱託で勤務しております。
平成12年当時の警察のOBの給与は、月額42万円、ボーナス年間50万円、当時のH氏は、市原警察署長を務めていた OBであります。市長も幹部職員も、警察のO、Bをなぜ、雇うのかという私の問に、職員が脅されたりするので、お願いしていると、説明している。

 ちょうどその頃、不動産業者が、荒木市長との土地取引で、セッタ履きで、役所内を カッポ し、市長室に乗り込み、売店でパンを買い込み、一日中、市長室に座り込み、土地取引きの交渉をしましたが、警察のOBは何の、役にも立ちませんでした。

 平成15年の市長選挙において、荒木陣営は、市長候補の政策を宣伝する、ほほえみ会と称する、宣伝カーを繰り出した。
 ところが、調べてみると、当該宣伝カーは、県に政治団体の登録をしておらず、市の選管は、選挙中の宣伝カーの運行許可を出さなかった。ところが、習志野警察は、道路使用許可書を発行し、荒木陣営は、選挙期間中、荒木候補の名前を連呼したのであります。

 選挙後、立崎は、公選法違反として、習志野警察に、「告発」したところ、担当警察間は「立崎は警察嫌いだから、受理できない」と、突き返された事実がある。

 この様に、現在暴力団の追放を、警察は提唱しているが、どちらが暴力団かわからない様な、きらいある。

 以前に、千葉県2区の衆議院選挙において、違反した候補者が、習志野市議会議員に、金品をばら撒いた疑いで、立崎は、その候補者を、習志野警察に、告発した。
 習志野警察の担当刑事は「立崎さん、我々現場は、やるべき事はやりました、(上を指して)立崎さんも議員をやっていれば解るでしょう、どうしようもないことがるんですよ」、と、地団駄踏んでいる様子が見て取れた。

以上のように、暴力団の撲滅を提唱するのであれば、それを取り締まる、警察組織が、今日までの、暴力団とのもたれあいを、厳しく戒める事。更には、警察組織内の、役人の胸三寸で、任務を放棄するような事を、厳に、慎み、あくまでも、正義を貫き、すべての、国民の立場に立った、警察でなければ、暴力団の撲滅を達成する事は、出来ないであろう。
 
 現在、警察の O B5人が、ボートピアという、賭博場に再就職していると、伺っているが、この様な事は、警察の面子からして、いかがかと言いたい。

 いずれにしても、最近において、警察官が、如何わしい手術をしていた整形外科に、警察O、Bを就職させ、警察の手入れなどの、情報をもらしていたなど、次々と、警察の不祥事が、明らかになっている。そのつど、警察は、「2度とこの様な事件が起きないように、改める。」と頭を下げるが、性懲りもなく、同様の事を、繰り返しているのが、現実である。
 
或いは、千葉県の警察本部において、3億9千万円余の不正経理を行い、内部監査で、いい加減に処理をして、平然としている。私は、五十嵐邦雄千葉県警察本部長を不正経理で告発し、ちょうど昨日、千葉地検の検事に呼ばれ、供述をしてきたところであります。

 以上のように、国民に対して暴力追放をもとめるのであるならば、それを取り締まる警察が、一掃襟をただし、国民の模範になるような、国民から、尊敬される警察組織であることを、実践してもらいたいと願うものであります。
 
そうでなければ、暴力団の壊滅をていしょうしても、絵に描いたもちにしか過ぎないのである。
 以上の事を念じつつ、
賛成の討論と致します。

 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

元部長・谷津バラ園に「天下り」

 
2011/08/12(Fri) Category : 未分類
部長等6人
谷津バラ園に
「天下り」
市職員退職の翌日に天下り 
習志野市は、部長6人を谷津バラ園に「天下り」さ
せた。今年、3月31日に退職した部長6人は、退職
した翌日の、4月1日に谷津バラ園に就労した。
 これまで管理運営は、シルバー人材センターに運
営を一任していたが、今回部長6人の天下りで、人
材センターの雇用者6人は解雇され、残った雇用者
の9人の賃金は4割も減額された。センターの雇用者の
賃金4割削減 !

センター雇用者は年間38万円
元職員は240万円で6倍!
 天下りした元職員の賃金は年収240万円、一方
センター雇用者の年収は38万円である。その差
額は実に202万円であり、元職員の賃金はセンタ
ー雇用者の6倍もの開きがある。驚き以外言葉も
ない。

部長等就労日数は週3日のみ
 元職員の就労日数は週3日で、切符売りと駐車
場の管理のみである。しかもバラ園は、薔薇の最
盛期春の1ヶ月と、秋1ヶ月のみで、残りの10ヶ月
の殆どは、開店休業状態である。

元職員はぶらぶら勤務
市民雇用者は大忙し!
 したがって、元部長等はぶらぶら勤務だが、人材
センターの雇用者は、何百もある鉢の水遣りと、庭
園全体の薔薇に水遣り、そして清掃をしなければな
らず、年間を通して汗だくの勤務である。

黒字経営が一転、赤字に
 谷津バラ園の入場の収入は約1700万円で、セ
ンター雇用者の年間賃金は1,100万円だから、こ
れまでは600万円の黒字であった。ところが、天下
り職員6人分の人件費は年間1400万円である。
それに、人材センター雇用者の年収800万円を合
計すると、2,200万円となり、一転500万円の赤字
経営になる。その分の赤字500万円は、市が負担
すると宮本市長。宮本市長は「可能な限り税金のム
ダ遣いはしない」と市議会で強調しているが、舌の
根も乾かない内に、平然と赤字財政を生み出してい
る。

市長は1,100万円を支払え
立崎誠一 「監査請求」!
 今日まで600万円の黒字経営であった谷津バラ
園。しかし、天下り職員6人に支払う賃金が
年額1,400万円と大幅に増額。したがって「赤字分
の1,100万円を、宮本市長の自腹で支払へ」、同
時に「元職員の人事を撤廃せよ」と質したが、宮本
市長は「撤廃しない」と答弁。したがって、「監査請
求」を7月6日行なったものである。

 身内(職員)さえ良ければ
市民生活はどうなってもよい
 元職員の割り込み「天下り」によって、人材セン
ターの雇用者(市民)の賃金は4割も減額、15人
中6人は職を失った。したがって、職員等(此の
人事は荒木元市長が行なった)は「自分さえよけ
れば、市民の生活がどうなっても、知った事では
ない」といった態度で、元職員等は現在も平然と
ブラ勤状態で、水撒きの手伝いすらしていない。

部長等3,400万円の退職金
6人総額1億8,200万円退職金!
 天下りした部長1人あたりの退職金は、3,400万
円と驚くべき退職金額である。部長の年額給料は
950万円である。この様に市の幹部等は、高額の
給与で優遇され、退職金も破格である。更に、年金
も給与に比例して、高額である。
 この様に市民の誰よりも恵まれている幹部職員
が、退職した翌日に、市民を首にして職を奪い、市
民の6倍の賃金で、居座るあつかましさは、言語に
絶する驚くべき態度としか言いようがない。
習志野市は血も涙もない
 人材センターの市民は、少ない年金暮らしで、生活
の糧である、パートの労働に励んでいる職場を職員
が奪い、その職場に割り込み、6倍もの天下り先の
報酬を決定したのである。
 この様な市民に対する仕打ちを見るにつけ、当に習
志野市の行政は、地も涙もないとしか言い様がない。

参事、次長等の「中間幹部」
部長待遇 昇進の狙いは?
 不必要な「中間幹部」は23年度は45人も居る。
荒木元市長の目論見は、市長の周辺にイエスマ
ンの職員を部長待遇で優遇し、逆らう者は昇進で
きない見せしめにために、行なう人事である。

人件費が、800億円の借金に
重く圧し掛かっている!
 部長クラスに抜擢されると、給料も高額、ボーナス
も増え、退職金も増額、年金も高額になるから市長
に擦り寄る職員が多いという訳である。
 人件費が財政圧迫に重くのし掛かっている。しかし
市長の懐は痛くも痒くもないとばかり、大判ぶるまい
である。

市の現役職員も人事を批判!
 市の職員も流石に今回の人事に対し、批判をし
ている。某課長「立崎議員が議会で取り上げ、監
査請求した事は、庁内でも話題になっている。市
は、金銭の取り扱いを、シルバー人材センターに
遣らせるのは問題があると、市の監査が指摘した
事を理由にしているが、他の市民会館等の夜間
の管理運営は、やはりシルバーセンターが行なっ
ている。バラ園だけを取り上げるのは矛盾してい
る」と批判している。

谷津バラ園の「天下り」人事
再雇用職場 拡大の突破口!
 習志野市は、退職職員の再雇用先が限られてい
るとして、今回、谷津バラ園をターゲットにして、市
民の職場を奪い、新たな「天下り」の雇用職場を強
引に確保したものである。
 したがって、天下りした元部長と、現役部長等の
悪質な企てと言っても、過言ではない。

 飛ぶ鳥後を濁した!
 今回の「天下り」人事は、荒木元市長にとって、批
判される頃は市長ではない(2月頃決めたという)と
ばかり、汚点を残す置き土産となった。しかし「飛ぶ
鳥後を濁さず」の教訓は、元市長には死語なのであ
ろうか?。




 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

首相官邸に抗議

 
2011/03/17(Thu) Category : 未分類
東日本大震災
立崎福島原発で政府対応に抗議
3月14日首相官邸に立崎が電話

(首相官邸℡ 03-3581-0101)
 立崎「福島原発の事故報告で枝野官房長官の
発表は東電の事故隠しの発表を鵜呑みにしてペ
ーパーを読み上げているだけである。
 過去において東電は数々の事故隠しを行なっ
てきた。原発に勤めている知人は『原発発電所
内の作業で危険な作業は下請けに総てやらせて
いる。作業中被爆したりする事はかなりあるが
総てひた隠しにしており、決して公表はしない
具体的にはこれ以上いえないことが沢山ある』
と吐露しているが、官邸はご存知か」
 官邸職員「あまり知らない事です。上に必ず
報告します」。
 立崎「あれだけの爆発を起こしており、現場
からの映像は一枚も無いではないか。現場の実
態はありにも凄い(惨状)ので送れないのか!。
国民への公表は3者がばらばらで行なわず、東
電の責任で行なうべきだ」。
 官邸職員「分りました、伝えます」
 
(なお、現場の写真を翌日公表した)。
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。